医療・ヘルスケアの個人、スタートアップを主役に

ブログを始めるにあたって-製薬・ヘルスケア×営業マーケ×デジタルに関する情報を発信していきます

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国内外の製薬会社においてMR業務に従事。2012年には国内5%表彰にあたるJapan Salse Excellence Awardを受賞。その後、外資系コンサルティング会社にて、製薬企業の営業・マーケティング、PV、PMS部門の戦略策定から組織・人変革、BPRまで幅広い業務に従事。 現在は、独立しヘルスケアスタートアップ、製薬会社の営業・マーケティング、新規事業開発を中心に、コンサルティングを実施。
詳しいプロフィールはこちら

製薬・ヘルスケア×営業・マーケ×デジタルに関するブログ始めます!

最近、製薬業界の営業・マーケティング領域が過渡期を迎えていますね。

きっかけはCOVOD-19。この業界は近年、徐々に営業現場にもデジタルが取り入れられていたのですが、他業界に比べると対面型の営業が中心の業界でした。

しかし、COVID-19をきっかけに一時的に対面型の営業が禁止されると、各社デジタルに一気に舵を切り始めたのは、製薬・ヘルスケア業界に身を置く人間としては、大きな転換期に身を置いているのだなと感じています。

そんな、過渡期を迎える製薬業界の営業・マーケティング領域ですが、このタイミングで少しづつ自身の考えについて整理しつつ、発信していきたいなと思い、ブログを始めることにしました。

なぜ、製薬・ヘルスケア×営業なのか?

さて、ここで初回なので自己紹介を。

私は大学卒業後、製薬業界のMRとしてキャリアをスタートしました。

2007年当時は、生活習慣病領域の治療薬を扱う営業部隊が花形であり、シェアオブボイスの元、各社訪問数を競い、MR数もどんどん増やして訪問を強化している時代でした。

某製薬企業では、一病院に何名も担当者がいて一体誰ががライバル担当者なんだ?と思ったこともありました。

当時はあまり実感もなかったのですが、製薬業界で仕事をするうえで、キャリアのはじめにMRという業務を通じて顧客と話す機会を直接もてたのは本当に良かったなと感じています。

現在は製薬業界の本社部門の方と仕事をご一緒させていただくことが多いのですが、やはり「MRという共通言語」を持てるのは本当に貴重な経験だったなと感じています。

一方で、少子高齢化、医療費抑制などの課題が山積する医療業界において、「本当にこの営業モデルが10年先も持続可能なのかな?」と当時、一抹の不安も覚えていたのも事実でした。

しかし、当時は現場で自分が何が出来るのか、どうすれば良いのか分からず、外から一度製薬業界を見てみようと思い、コンサルティング会社への転職を決めました。

ここまでが、「製薬・ヘルスケア×営業」についての私のバックグラウンドになります。

なぜ、マーケ×デジタルなのか?

コンサルティング会社では、ヘルスケアチームに所属し、製薬・医療機器・病院に対し、営業・マーケ、PV、PMS部門において、戦略立案~実行支援まで幅広くコンサルティング経験を積みました。

ただ、転職してから3年位は、MRとのスキルギャップに苦しみ(エクセル、パワポが全然作れず…)、正直「なんでこんな業界来てしまったんだ…」なんて思ったこともありましたが、何とか踏ん張ってついていったのが今となっては懐かしい思い出です。

コンサル業界はPJTベースの仕事で、PJT終了時に一定の達成感があり、またそれが楽しみでもあったのですが、3年を超えたあたりから、「戦略立案だけではなく、実際に実行してみたい!」というコンサルをやめる人によくある悩みを抱えるようになりました。

丁度、ヘルスケア領域では医師が起業するケースが徐々に増えてくるタイミングで、とあるヘルスケアスタートアップで営業・マーケティング組織立ち上げのタイミングに巡り合うことになりました。

正直、それまではスタートアップに興味があったかと言われれば、「そこまで…ない!」という感じだったのですが、この出会いは、当時自分の中では衝撃的でした。

というのも、2012年当時MRとして現場で「本当にこの営業モデルが10年先も持続可能なのかな?」と漠然とした疑問を感じ、転職先のコンサルティング業界で、「こんな営業モデルが良いのではないか?でも今は無理だよな…。5年後かな…」と考えていたモデルを「本気で実現しようとしている企業があるではないか!」と興奮したのを今でも明確に覚えています。

こんな感じで、コンサルティング業界、独立後のスタートアップへのコンサルティングを通じ、「マーケティング×デジタル」を今は生業としてやっています。

では、具体的には何を書くのか? 

自己紹介が少々長くなりましたが、結局何を書いていきたいかということですが、漠然と以下に関して自身が考えていることを少しづつブログで纏めていきたいなと思っています。

主な読者として想定しているのは、「ヘルスケア・製薬業界」の「マーケティング」「営業」業務に携わっている方で、日々の業務の中で「これってどうやればよいの?」「だれか教えてくれないかな?」と疑問に感じることをブログに纏めていきたいなと思っています。

テーマに関しては正直、流動的なので変化していきそうな感じなのですが、直近では

マーケター向け:「次世代営業モデルって何?」「デジタルトランスフォーメーションって何?」「それってどうやるの?」
MR向け:「次世代に求められるMRって何?」「何を勉強すればよいの?」「キャリアアップするには?」
みたいな内容を書いていきたいなと思っています!

ということで、初回は自身の自己紹介の話で終わってしまったのですが、次回からは早速、COVID-19でクローズアップされている「次世代営業モデル」について書いていきたいと思います。

ではでは、皆様引き続きよろしくお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
国内外の製薬会社においてMR業務に従事。2012年には国内5%表彰にあたるJapan Salse Excellence Awardを受賞。その後、外資系コンサルティング会社にて、製薬企業の営業・マーケティング、PV、PMS部門の戦略策定から組織・人変革、BPRまで幅広い業務に従事。 現在は、独立しヘルスケアスタートアップ、製薬会社の営業・マーケティング、新規事業開発を中心に、コンサルティングを実施。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.